塩の使い分け-岩塩・海塩・藻塩

岩塩海塩、どちらも産地別やメーカ別に多くの種類があります。

料理に合わせるワインとして、「赤ワインが肉料理、白ワインが魚料理」という定番がありますが、塩の場合は「こってり系に岩塩、さっぱり系に海塩」が良いようです。

岩塩はあまり馴染みのない方もいると思いますが、味を知るには少しずつ購入し、実際に味わってみることをおすすめします。

フランス料理に野生動物を食材としたジビエがありますが、岩塩が最も適しています。

逆に野菜や白身魚には、日本古来の藻塩がピッタリきます。

背青魚のように少し臭みがある魚には岩塩が合います。
もちろん藻塩との相性も良いです。

ちなみに藻塩は、海藻から採取した塩のことですが、塩の自由化依頼、各地で伝わる製法の藻塩が出回っています。

これも一様な味でなく、メーカーや販売店舗によりそれぞれ個性があります。

岩塩の使い方は、小さな岩そのものなので、おろし金でおろして使用します。
岩塩専用のミルもあります。

毎回おろすのが面倒であれば、既成の塩の容器を使用するのも一つの方法です。

食卓に主だった世界の塩を並べての食事。
想像しただけでも楽しい食事になりそうです。



岩塩オススメ通販


藻塩オススメ通販